真っ赤に色づいた「タコノアシ」
     水元公園水産試験場跡地復元池

IMGP1060.JPG
IMGP1068.JPG

タコノアシ
学名 Penthorum chinense
      
ユキノシタ科の多年草で湿地や沼地、休耕田等に生える。花期8〜9月。茎の高さは30〜80cm、円形で直立。茎は普通、枝を分けずに赤みを帯びることが多く花序はほとんどが頂生。花序の枝は3〜8本出て、はじめ渦巻き状になっているが、やがて真っすぐに伸びて出てくる。タコノアシ(蛸の足)の名の由来は果実がびっしりと並んだ花序を、吸盤の並んで付く蛸の足に見立てたもので、秋には茹でた蛸のように真っ赤に染まる。茎や葉が色つき始めた秋には和名の由来も頷ける。

コナギ
学名 Monochoria vaginalis
ミズアオイ科
花は8月〜10月まで
代表的な水田雑草で田んぼや水路に多く見られます。花序は3〜7個の花からなり、葉よりも下の方で開花します。花は直径1,5〜2センチほどで青紫色。

チゴザサ
学名 Isachne globosa
イネ科
花の時期6月〜8月
水田や湿地に地下茎をのばして群生する多年草です。
背丈が低く葉が笹に似ている。高さ30〜50センチくらいで、花序は直立した茎の上に円錐状につき、細い枝先に小さいうすい紫色からうすい緑色の穂にまばらに花を咲かせます。

IMGP1200.JPG

ミソハギ
学名 Lythrum anceps
ミソハギ科
花の時期は6月から8月
沼地や田んぼなどの湿った所に生える多年草です。お盆の仏壇やお墓にお供えするので「ぼんばな」、または溝萩(みぞはぎ)やみそぎをする時に使用するため「みそぎはぎ」からミソハギになったともいわれます。
茎は直立して高さは1メートルほどになる。葉は対生し、花は葉のわきに3〜5個集まって穂状につく。花弁は4〜6個。

ヘラオモダカ
学名 Alisma canaliculatum
オモダカ科
花の時期は6月から9月
田んぼや池の日当たりの良いところに生え、高さ40〜120センチほどになり、3本ずつ枝を輪生するのを繰り返し、先端に多数の白い3弁の花をつける多年草。葉はへら形で長さ10〜30センチほど。
花は直径1センチくらいの3弁の白い花びらがつきます。